ホーム > 技術情報 > 樹脂部門表面処理技術

樹脂部門表面処理技術

耐食性などの性能はそのままに、
高級感や色の幅を追求した高い装飾性に加え、
世界に通用する環境性の向上に取り組み、高い評価を得ています。

●白色・黒色3価クロムめっき

メタライジングによる装飾性を高め、
耐食性にも優れためっきプロセス。

耐食性には優れるが、単調なクロムめっきの色の幅を広げようと開発したのが、3価クロムめっきです。高級感と深みがあるダーククロムタイプ(黒色)、さらに、ご要望の高かった白色(銀色)を開発。特に、白色タイプは極寒地の融雪剤にも耐えうる性能を実現しています。また、6価クロムを使用しないため地球環境に優しいプロセスです。

Scroll Top

●ダイレクトめっき

ホルマリンフリー・リンフリーを実現。
クオリティはそのままに、環境にも対応。

無電解銅めっきに用いられる「ホルマリン(ホルムアルデヒド水溶液)」や「次亜リン酸ソーダ」を使用せず、従来とは異なる微還元性の還元剤を用いた「ダイレクトめっき」を開発。強い錯化剤も用いないため排水処理も容易です。従来の化学めっき法と同レベルの密着性や耐食性を実現しながら、環境性を向上しためっき技術です。

Scroll Top

●プラチナサテンめっき

質感は本物以上。
塗装では真似できない高級感のあるメタル調仕上。

塗装では真似できない高級感のあるメタル調の外観を実現したプラチナサテンめっき。これまで自動車の外装用として耐食性をクリアすることができなかった、従来のサチライト・パールブライト・ベロア処理を超える技術を目指して開発したものです。高級感ある光沢プラチナサテン調外観という、金属感の表現を可能にしました。

  • 採用情報
  • KAKIHARA TECHNICAL INFORMATION
  • 研究開発
  • 一貫生産システム
  • 製品情報
  • 品質管理
  • ビジョン
  • 環境方針

ホーム > 技術情報 > 樹脂部門表面処理技術

↑Scroll Top