ホーム > 生産システム > トータル・エンジニアリング・システム > 生産管理

生産管理

最新ERP(生産管理システム)を導入し、
ロスのない生産計画とクイックレスポンスを実現。
在庫圧縮にも貢献しています。

●クイックレスポンス/ジャストインタイム

市場のニーズに確実に対応できるよう、Kakiharaでは最新のERP(生産管理システム)を導入しています。スピーディーな納期の回答やスムーズな工程管理が行えるだけではなく、必要な部品を必要なだけ生産できるジャストインタイム生産が可能となりました。システムにより計画的に生産が行えるため、お客様が在庫を抱えなくても短期間で必要なパーツを生産します。

Scroll Top

●生産管理システム

IBMの最新ERPパッケージを基にカスタマイズ。受注・出荷の基本機能に加え、受注情報まとめ機能、受注品質管理機能、売上情報連係機能を追加。また、所要量計画機能に設備負荷算出機能を追加、購買管理から独立したサブ・システムとして材料管理を構築しています。

Scroll Top

●工程管理システム

製造現場の工程計画はパソコン上で稼働するスケジューラー・パッケージと連携。将来的には作業指示のペーパレス化を行うとともに、製造実績情報をロット単位で自動集計し、実績情報を生産管理システムへフィードバックする予定です。

ハードウェア構成図

ハードウェア構成図
  • 採用情報
  • KAKIHARA TECHNICAL INFORMATION
  • 研究開発
  • 一貫生産システム
  • 製品情報
  • 品質管理
  • ビジョン
  • 環境方針

ホーム > 生産システム > トータル・エンジニアリング・システム > 生産管理

↑Scroll Top