ホーム > 生産システム > リサイクル実証センター

リサイクル実証センター

リサイクルが困難とされてきた樹脂めっき品に対して、
高効率のマテリアルリサイクル技術を業界に先駆けて開発。
リサイクルシステムの販売事業も展開中です。

●リサイクルフロー

強固に密着しためっき被膜(金属)と樹脂の複合体でもある樹脂めっき部品を、樹脂と金属とに分別する「樹脂めっきリサイクルシステム」
樹脂めっき部品のリサイクルは困難とされていましたが、本システム(特許取得済み)により高純度の樹脂を回収することが可能になりました。

リサイクルフロー

Scroll Top

●リサイクル事業の展開

樹脂めっき部品は、樹脂と金属の複合素材のためリサイクルが困難とされ、その多くが産業廃棄物として処理されてきました。しかし、近年、自動車部品をはじめ幅広い分野で多用されていること、2005年に自動車リサイクル法が施工されたこともあり、リサイクルは避けて通れない課題となっています。Kakiharaでは、業界に先駆けて、樹脂めっき部品のマテリアルリサイクル技術を開発。これにより、銅フリー(モノリス)プロセスや従来めっき(Cu、Ni、Crめっき)プロセスによって生まれた製品を、樹脂と金属に分離選別する高効率マテリアルリサイクルが実現しました。このシステムは、微粉砕による物理的剥離方式で樹脂劣化を招く薬品を使いません。分離した樹脂は選別しペレット化して再成形し、金属は高純度な地金として還元します。「リサイクル設備の販売」についても荏原ユージライト様、出光テクノファイン様と連携して対応。「リサイクル事業」そのものにも取り組んでいます。

  • 採用情報
  • KAKIHARA TECHNICAL INFORMATION
  • 研究開発
  • 一貫生産システム
  • 製品情報
  • 品質管理
  • ビジョン
  • 環境方針

ホーム > 生産システム > リサイクル実証センター

↑Scroll Top