ホーム > 生産システム > 金属部門めっきライン

金属部門めっきライン

4時間稼働で変種変量生産に対応する金属部門めっきラインでは、
いち早く全ラインで完全6価クロムフリープロセスを採用。
超均一電着性ラインによって高品質と環境保全を両立しています。

●金属ニッケルクロムめっきライン

鉄およびステンレス素材の装飾用クロムめっきライン。大型形状部品をめっきできる日本でも数少ないラインです。中国地区ではKakiharaのみの設備です。 製品例/鉄バンパー、自動車マフラー、ハブナット、輸出用アミューズメント機器 等

Scroll Top

●亜鉛バレルめっきライン

小物用めっきライン。コストダウンが図れる亜鉛バレルめっきラインです。 製品例/ボルト・ナット類 等

Scroll Top

●亜鉛・亜鉛合金キャリアめっきライン

長尺物、大型プレス部品などのめっきに対応する中四国では最大級のめっき槽を導入した希少なめっきライン。亜鉛合金めっきは従来の亜鉛めっきの約4倍の耐食性を確保します。 製品例/ガイドレール、シャーシ類、セットプレート、ポンプサポート、自動車ドア部品 等

Scroll Top

●亜鉛エレベータめっきライン

小型ブレス部品に適しためっきライン。 製品例/ドアストライカー 等

  • 採用情報
  • KAKIHARA TECHNICAL INFORMATION
  • 研究開発
  • 一貫生産システム
  • 製品情報
  • 品質管理
  • ビジョン
  • 環境方針

ホーム > 生産システム > 金属部門めっきライン

↑Scroll Top