ホーム > 生産システム > トータル・エンジニアリング・システム

トータル・エンジニアリング・システム

開発型メーカーとして蓄積した技術のもと、
一貫生産システムを最大限に生かせるよう各部門が連携し、
お客様からのあらゆるご要望に対応できる体制を整えています。

●新プロセス開発室

その視線は時代の数歩先へ。
夢をカタチにする研究開発部門。

新プロセス開発室は、業界に先駆けて新しいメタライジングプロセスを開発する研究部門。メタライジングは、水と空気以外のあらゆる新素材に展開できるため研究開発が盛んです。それもニーズが発生してから研究開発するのではなく、常に予想される2歩先3歩先のハイテクノロジーを研究課題にしています。お客様のニーズに即応出来るように技術をストックしておくのがKakiharaの基本姿勢。新プロセス開発室は、新しい高付加価値の創造に向け、薬品の選定・配合・評価、工程の改善、様々なメーカーとの共同研究などを推進していく役目を担っています。

Scroll Top

●市場開拓室

社会やお客様のニーズを先取りした
新たなメタライジング技術で市場を開拓する。

メタライジングに期待される可能性を探り、新プロセス開発室が生み出した技術をお客様に提案していく部署が市場開拓室です。これからの時代の主役となるのは、間違いなく電気自動車やプラグインハイブリッド車です。今後は、自動車部品のさらなる軽量化への実現をはじめ、カーナビやCPUで発生するモーターを原因とするノイズの防止策、意匠・デザイン性の高度化などが求められてくることでしょう。メタライジング技術は、その解決策として最も期待されているため、市場開拓室ではこうしたニーズをいち早くキャッチしてお客様にとって必要とされる新たな技術を提供しています。

Scroll Top

●営業技術

技術提案・アドバイスを行い、
設計から量産、納品までをコントロール。

お客様の窓口として様々な技術提案を行うのが営業技術部門です。今までに蓄積した最先端技術と研究開発によってストックした新技術をもとに、具体的なアドバイスや新しいご提案を行いながら、ご要望をカタチにしていきます。

Scroll Top

●生産技術

一貫生産工程の全技術が集合する部門で、
プロジェクトを動かす。

試作から量産までのプロセスを作り上げる生産技術部門。製造単位の決定、図面の検討、製造上の問題抽出、試作を行い、短時間で量産化への問題点を解決します。高品質、低コストの追求とニーズを反映した製品づくりが大きなテーマです。

Scroll Top

●生産管理

ロスの低減とクイックレスポンスを実現する
最新EPR(生産管理システム)の導入。

生産管理部門は、お客様からのオーダーを各部品レベルに展開し、各工程に作業指示を出して納品までを管理する部門です。最新EPRの導入で、納期回答や工程管理もスムーズ。さらに、ジャストインタイムの生産で、計画的かつ短納期を実現しています。

詳しくはこちら

Scroll Top

●品質管理

「Kakiharaブランドの証を生み出す部門。
品質の安定と100%の満足を追求。

品質保証部門では、独自に設けた厳しい自主規格と最新の検査設備により、製品・部品の品質管理を行っています。問題発生時には、その原因を突きとめ、解決策を生産工程に反映。万全の管理体制を整えると共に、100%満足していただける製品づくりを心がけ、最良の製品だけをお届けします。

詳しくはこちら

  • 採用情報
  • KAKIHARA TECHNICAL INFORMATION
  • 研究開発
  • 一貫生産システム
  • 製品情報
  • 品質管理
  • ビジョン
  • 環境方針

ホーム > 生産システム > トータル・エンジニアリング・システム

↑Scroll Top