ホーム > Kakiharaについて > Kakiharaの事業と技術

Kakiharaの事業と技術

業界のリーダーとしてクロムフリーの実現をはじめ、新素材のめっき評価、薬品メーカーとの共同開発など、多角的な研究開発を進め、メタライジングの可能性を追求するKakihara。
その成果は一貫生産システムとして実践され、さまざな分野の部品生産に高機能・高付加価値化を実現しています。

●事業領域

■新素材表面の高付加価値化

メタライジングが求められる製品分野は、あらゆる産業へと拡がっています。自動車部品をはじめ、AV情報機器、電子部品、ゲーム機器、農機具、住宅用金具、工作機械、建築関係など業種業界を問いません。今後もメタラインジグの新たな可能性を拡げ、一貫生産体制のもと、お客様のニーズにお応えしていきます。

■金型からリサイクルまで一貫生産

創業以来、金型・成形・表面処理・塗装・組立までの一貫生産体制にこだわってきました。品質、納期、コスト等々の面で一貫生産体制には多大なメリットがあります。特に、エンプラ・スーパーエンプラ部品のメタライジング工程を含めた一貫生産体制を採っているKakiharaは、全国でも希有な存在です。最新鋭の無人化FMSラインにより、品質の一定化と24時間稼働を実現。さらにリサイクルまでを含めた一貫生産体制を整え、環境にも対応しています。

■金属表面処理の変種変量生産

厳密な品質管理システムと自動生産ラインにより、変種変量生産に対応。また、24時間稼働体制により、納期短縮とコストダウンを実現します。さらに、六価クロムフリー技術等、環境にも優しいめっき技術の開発にも力を注ぐと共に、今後ますます期待されるアルミニウム、マグネシウム合金の表面処理技術にもいち早く対応できるよう技術開発を進めています。

Scroll Top

●製品について

■自動車分野

大型フロントグリル、フロントグリル、グリルモール、アウターハンドル、インナーハンドル、ドアミラー、ランプベゼル、インテリア、内外装部品(サテンめっき)、内装部品(成形品)、ランプハウジング(成形品)、各種エンブレム、二輪装飾部品

■住宅分野

水栓レバー・ハンドル、各種水栓部品

■農機具

グリル、インパネ小物、機能部品

■アミューズメント

メインドア、パネル

■金属部品

動車部品(クロムめっき)、自動車部品(亜鉛めっき)、自動車部品(亜鉛合金めっき)、農機具

Scroll Top

●組織

  • 採用情報
  • KAKIHARA TECHNICAL INFORMATION
  • 研究開発
  • 一貫生産システム
  • 製品情報
  • 品質管理
  • ビジョン
  • 環境方針

ホーム > Kakiharaについて > Kakiharaの事業と技術

↑Scroll Top